政府の財布は豊かになるが、国民の財布は貧しくなる by藤井聡先生

時事ネタ(コラム)

政府の財布は豊かになるが、国民の財布は貧しくなる by藤井聡先生

話題のMMT(現代貨幣理論)についての言及ですが、その通り!

とにかく、こちらの記事をご覧ください。

“実質賃金”暴落で「日本も“MMT”が必要」――専門家が解説|TOKYO MX+(プラス)
“実質賃金”暴落で「日本も“MMT”が必要」――専門家が解説

 

世の中の人々に、もっとこの現実を知ってもらわないと、日本国民はこのままず~っと貧困化していきます。

資産家の方々も、今は良いかもしれませんが、増税!増税!増税!の財務省が狙ってますよ!あなたの資産!

 

そもそも、増税なんて必要ないですし(=MMT理論から)GDP対比で財政健全な日本で、自国通貨建ての債務なのですから、どんどん国債発行して、財政出動して、国民の生活を豊かにする政策を実行すればよい!

・まずは子育てに困っている人々に保育施設を政府が作ったり

・この数十年でメンテナンスが出来ていない水道や道路等々の公共設備にお金をかけたり(ボロボロでしょ、もう)

・外国人ではなく、日本の若者の教育(学校教育ではなく、社会活動や外国への留学資金援助)

・自制台に繋がる産業への設備、人材への費用負担

挙げればきりがありませんが、こういった人々の生活が豊かになる環境づくりや、賃金が上がる(日本人の外国人ではなく)ような投資をするべきなのでしょうが・・・ただただ緊縮財政で、藤井聡先生が仰っている通りで

政府の財布は豊かになるが、国民の財布は貧しくなる

国が滅びます。